ふるさと納税 限度額

ふるさと納税で寄付をすると、寄附金額の2,000円を超える金額は所得税と住民税から原則として全額が控除されます。

しかし、その控除を受けられる金額には上限、すなわち控除上限額というものがあります。 その上限額は、収めている税金の金額によって違ってきます。

ということは、寄付を行う方の年収や家族構成によって異なるということです。

控除上限額を超えて寄付をしても問題はないのですが、その場合超えてしまった金額は純粋な寄付金となり、2,000円以上の負担になります。

ふるさと納税という制度を利用して一番お得に寄附を行うためには、実質負担が2,000円で済む寄附金の控除上限額を知っておく必要があります。

そのために、ポータルサイトでは“実質負担 2,000円を除く控除上限額の早見表”をよういしてくれています。

どのポータルサイトでも良いのですが、最もメジャーなさとふるが見やすい一覧表を用意してくれています。

年収や家族構成から算出する寄付金の控除上限目安

 

© 2017 ふるさと納税 rss