ふるさと納税

ふるさと納税で寄付をすることによって、返礼品がもらえる上節税になります。

ふるさと納税とは、自分が居住している場所に関係なく、ふるさと(任意の自治体)へ寄付をすることです。
個人が2,000円を超える部分に寄付をすることによって、住民税と所得税から一定の控除が受けることができます。
そして、寄付をした自治体からは、金額に応じてお礼として特産品が送られてきますます。それが返礼品と言われています。

ふるさと納税で自治体に寄付をした理由の6割以上が、返礼品が魅力的だったから。という事実があります。
各自治体に寄付をすることによって、実質2,000円で特産品がもらえるわけです。

しかし、そのふるさと納税の返礼品に変化が起きています。
2017年4月より、高額なお礼品。家電や商品券が本格的に見直される傾向にある理由は、総務省より「ふるさと納税の趣旨とかけ離れている」
という見解が出されたからです。そして、見直しを求められました。

その自粛が求められている内容とは・・・

・金銭類似性が高いもの(プリペイドカード、商品券、マイル等)
・資産性が高いもの(家電、家具、貴金属、自転車、ゴルフ用品等)
・高額なもの(具体的な価格は示さず)
・寄付額に対する調達価格の割り合いが3割を超えるもの

となります。

そもそも、返礼品は地元特産品をお礼として提供されていますが、家電製品を作っている会社が地元にあれば、その会社の製品も特産品として提供する自治体もいたことから、特に特産品のない自治体が家電製品を提供するようになり、返礼品競争が過熱していったという背景もあります。

返礼品の還元率は、30%~40%程度が全国の自治体の平均です。
が、それをはるかに超える還元率の返礼品を提供している自治体があったのも事実です。
そもそも、なぜこの規制のような現象が起きたのでしょう。
それは、受け取った返礼品を転売して現金を得る人が増えたからです。そのことが、フェアではないと受け止められたようです。

では、返礼品に家電製品が無くなったか・・・というと、そうでもなく。未だに、家電を出している自治体もあります。

 

ふるさと納税代行サービスのポータルサイト

ふるなび

 

ふるなび 公式サイトはこちら

・上場企業が運営している老舗サイトの一つ
・家電製品が豊富に掲載されている点が特徴
・家電やパソコンならふるなび
・掲載自治体数も100を超えるなど、利用者数・認知度共に増加傾向
・ふるさと納税で有名店の味を味わうことができる、ふるさと納税グルメポイントがもらえるサイトも運営している

ふるなび 公式サイトはこちら

さとふる

 

さとふる 公式サイトはこちら

・ソフトバンク系列の会社が運営しているサイト
・20歳から60歳の男女にもっとも認知されているサイトNo.1
・スマートフォンで手続きをしてもストレスなくふるさと納税の申し込みが可能
・決済手段が豊富「クレジットカード決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」、「auかんたん決済」、「コンビニ支払い」、「銀行(Pay-easy決済)」

さとふる 公式サイトはこちら

楽天ふるさと納税

 

楽天ふるさと納税はこちら

・楽天ポイントが貯まる
・楽天ポイントを利用してふるさと納税が出来る
・レビューが充実している

楽天ふるさと納税はこちら

ふるり

 

ふるり 公式サイトはこちら

ふるりで紹介されている地域ではどんなプロジェクトが行われているのかなど、盛り上がりについて確認できるのが大きなポイント

・地域のさまざまな取り組み・プロジェクトが分かる
・地域のイベントやスポットが見れる
・好みのお礼の品を選べる

ふるり 公式サイトはこちら

ふるさとプレミアム

 

ふるさとプレミアム 公式サイトはこちら

・紹介する自治体は実績がある自治体に絞っている
・利用者の利便性をトコトン追求
・面倒な手続きなしでふるさと納税が出来る
・お米やお肉以外のお得な返礼品が豊富
・寄付する自治体情報も分かる

ふるさとプレミアム 公式サイトはこちら

© 2017 ふるさと納税 rss